FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
後輩
昨日の話ではありますが、普段からつながり多いk大学の学生達が弊社に会社見学に来ました。

k大学と言いますと弊社においては、産官学での連携で技術交換も頻繁なこともありますが、私個人が卒業した学校でもありますので非常に思い入れのある大学でもあります。

自分の人生の半分ぐらいしか生きていない後輩に先輩風吹かして会社の説明をおこない、「質問はないですか?」と聞きますが「・・・・・」

何を聞いていいのか分からず戸惑ってる感じでした。

弊社の売りでもあるマグネポーターの説明をベテラン技術者Sさんに任せてる間に私は調達のMさんのとこへ。

たぶん学生さんのことですからレポートに必要なネタが欲しいのだろうと察し、Mさんに環境問題について一節話して欲しいとお願いしたところ、渋笑いな顔をしながらですが資料を出し対応してくれます。

その後、磁石・磁場について高いレベルの知識を持つ弊社の知恵袋でもあるK顧問にもお願いしまして学生の対応をします。

専門の単語が頻繁にでる会話に、学生たちはペンを走らせますが、どこか会話というより講義に近き感じがします。

まだ学生である、彼らに自分が聞きたい事を的確にに聞き出すヒアリング能力より先に、それをスムーズに行うためのコミュニケーション能力を大事にして欲しいと感じます。

2年後彼ら実社会に出た時に自身が持つ知識を効率的に運用にするには重要な技術だと私個人は思います。

そんな彼らから後日メールににて、


昨日お伺いしましたK大学 経済学部 総合経済政策学科の●● ●です。

昨日はお忙しい中ありごとうございました。様々な点で私たちは知識不足でしたが、詳しく説明してくださったので、大変わかりやすかったです。

とのコメントが届きました。

平成生まれの彼らが実社会に出た時、昭和生まれの私たちがドンと受け止めれる会社で有りたいものです。

2008/11/26(Wed) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://shimonishi.blog85.fc2.com/tb.php/105-4f1f8b96
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。